読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

takaya030の備忘録

PHP、Laravel、Docker などの話がメインです

Docker Hub の MySQL 5.6 公式イメージの設定を変更する

Docker MySQL

Docker Hub の MySQL 5.6 公式イメージの設定変更したときのメモ。
変更項目

  • timezone を Japan に変更
  • sql_mode の STRICT_TRANS_TABLES を無効化

デフォルトの my.cnf の内容

公式イメージをそのまま起動したときの /etc/mysql/my.cnf

#
# The MySQL Community Server configuration file.
#
# For explanations see
# http://dev.mysql.com/doc/mysql/en/server-system-variables.html

[client]
port		= 3306
socket		= /var/run/mysqld/mysqld.sock

[mysqld_safe]
pid-file	= /var/run/mysqld/mysqld.pid
socket		= /var/run/mysqld/mysqld.sock
nice		= 0

[mysqld]
user		= mysql
pid-file	= /var/run/mysqld/mysqld.pid
socket		= /var/run/mysqld/mysqld.sock
port		= 3306
basedir		= /usr
datadir		= /var/lib/mysql
tmpdir		= /tmp
lc-messages-dir	= /usr/share/mysql
explicit_defaults_for_timestamp

# Instead of skip-networking the default is now to listen only on
# localhost which is more compatible and is not less secure.
#bind-address	= 127.0.0.1

#log-error	= /var/log/mysql/error.log

# Recommended in standard MySQL setup
sql_mode=NO_ENGINE_SUBSTITUTION,STRICT_TRANS_TABLES

# Disabling symbolic-links is recommended to prevent assorted security risks
symbolic-links=0

# * IMPORTANT: Additional settings that can override those from this file!
#   The files must end with '.cnf', otherwise they'll be ignored.
#
!includedir /etc/mysql/conf.d/

timezone の変更

my.cnf を見ると timezone を指定している部分はありません。
その場合、OS の timezone と同じになるので、今回は Dockerfile で OS 側の timezone を Japan に変更することにします。

sql_mode の変更

my.cnf の最後で /etc/mysql/conf.d/ にある cnf ファイルをインクルードするようになっているので、試しに以下のような cnf ファイルを追加してみましたが STRICT_TRANS_TABLES は有効のままでした。

/etc/mysql/conf.d/ext_my.cnf

[mysqld]

sql_mode=NO_ENGINE_SUBSTITUTION

my.cnf の sql_mode の項目を直接書き換えることで対応しました。

mysql の Dockerfile

以下が変更項目に対応した Dockerfile になります。

FROM mysql:5.6
MAINTAINER takaya030

# timezone
RUN cp -p /usr/share/zoneinfo/Japan /etc/localtime

# modify my.cnf
RUN sed -i -e "s/^sql_mode=.*$/sql_mode=NO_ENGINE_SUBSTITUTION/" /etc/mysql/my.cnf